So-net無料ブログ作成

スポーツ大好きCXIII>W杯準決勝戦 [fuzzyな日記]


いよいよワールドカップ南ア大会も4強の激突が始まり、深夜強豪オランダ対古豪ウルグアイ戦が行われました。強いと言われ続けても優勝の経験の無いオランダか?第1回大会など過去2回の有書を誇る古豪ウルグアイか?今大会南米勢が4強独占の可能性も有りましたが、優勝候補ともくされたブラジル・アルゼンチンが敗退し最後の砦となったウルグアイは最後の最後まで素晴らしいサッカー(日本のお手本になる)を展開しましたが惜しくもオランダに敗退し決勝戦は欧州対決が決まりました。ジンクス的な観点では南米勢の優勝が戦前予想されましたが意外な結果になってしまいました。結果を鑑みると最近の傾向で「個」より「組織」が勝ったのですね、(日本の健闘もうなずけます)オランダ・スペイン・ドイツの共通項は自国リーグに属している選手が多いのでしょう、各国リーグに分散した選手を(寄せ集め)を短期間にチームとして仕上げることのむずかしさを痛感しますね。
しかし今大会は世界のスーパースターが輝くことなく次々と姿を消しましたね、ルーニー、C・ロナウド、カカ、そしてメッシ、ルーニーとカカはそれなりに代表で実績を出していましたが南アでは輝けませんでしたし、C・ロナウドとメッシは大会前から代表では実績を出していないと言われていましたが、まさにその通りでしたね(残念)共にボールを持ちすぎるきらいが有り、早くボールを動かす組織的なサッカーを潰してしまうのですね。
今日の試合彼らの変わりにウルグアイ:フォルランスとオランダ:スナイデルが輝いていました、今大会素晴らしい出来の二人ですが、今日の試合も素晴らしい出来で得点しました、フォルランは左右両足から放たれるシュートが素晴らしいですし、スナイデルはシュートもアシストも勢いもあり精度も素晴らしいですね、また思い切りの良さが際立っています。
今日の深夜に注目のもう1試合、ドイツ対スペイン戦が行われます、1次リーグではやや苦しんだ両チーム、混戦で不気味な存在と見ていたドイツがクローゼ(あと1点でロナウドと並ぶ通算1位)の活躍で勝利するか、ブックメーカー筆頭の無敵艦隊スペインが勝利するか、本当に楽しみな1戦です(ブンデスリーグとリーガエスパニョーラの戦いでもありますね)
nice!(30)  コメント(77)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

スポーツ大好きCXII>ワールドカップ:日本代表 [スポーツ]


サッカー日本代表はパラグアイ戦で惜しくもPK戦を落し敗退、過去最高のベスト8をを逃す結果となり今大会から姿を消すことになりました、同時に2014ブラジル大会がスタートのでもあります。
1次リーグを2勝1敗の2位通過を果たし臨んだパラグアイ戦は、どちらも惜しい場面もありましたが、ほぼ互角に近い試合展開となりました、90分で決着がつかず延長戦でも決着がつかず、遂にPK戦に突入です。
パラグアイ先行で始まったPK戦、両国とも確実に決め(遠藤のコロコロPKは有りませんでした)、日本の3人目は意外にも駒野が登場しました(TV観戦のお客さまからも「駒野かよ」の声)、そして放たれたボールはクロスバー上部をたたき失敗、観ているこちらも思わず天を仰ぎました、後は川島のファインセーブに期待しましたが、パラグアイは残りメンバーが確実にゴールネットを揺らし、日本敗退が決まってしまいました。う~ん残念です。
試合中の松井のクロスバー直撃のシュートか本田の正面のシュートが決まっていれば・・・しかし川島の好セーブにも助けられていましたから、悔いは残るでしょうが堂々と戦い素晴らしさの余韻を残した試合ですし、好調な南米相手に好勝負をした日本代表に惜しみない拍手を贈りたいです。(ぼろ負けで敗退に比べたら素晴らしい敗退の仕方でしたね)、
次の大会に向け日本のサッカーも再構築しなければなりません、日本を支えたベテランたちも次回は難しい年齢になるでしょう、成熟を迎える選手や次に台頭してくる若手の発掘育成による次世代の代表メンバーは?楽しみですね、また日本のサッカースタイルは?今回は守備的な布陣を直前に布きましたが、世界の上位を目指すには、攻撃的なのシステムでなければ戦えないと思います、海外に若手を出し個の強さの育成も大事でしょう、是非個の強さと連携の良さを融合したチーム作りに邁進して欲しいです。4年間は長いようで短いです、すばやく先を見据えた強化を図って、今回を超える成績で日本を湧かせて欲しいですね。
この後は注目のイベリア半島対決、スペインVSポルトガルの試合ですが、さすがにこのまま観戦できる状況でなく録画観戦しました(ニュースを一切封印しましたからフレッシュな状態)白熱した試合で両チームなかなかゴールを決めることが出来ませんでしたが、遂にスペイン:ビジャが後半19分にゴールをこじ開け、その後も押し気味に試合を進めたスぺインがそのまま勝利、無敵艦隊の名に恥じずベスト8進出となりました。C・ロナウドはルーニーに続き輝きを見せることなく、南アフリカを去る事になりました。
ベスト4をかけた対決は7月2日(金)からスタートします。
好調南米ウルグアイVSアフリカ勢の牙城ガーナ、不気味な存在のドイツVSマラドーナ率いるアルゼンチン、ロッペン復調のオランダVS横綱級の強さを誇るブラジル、日本を下した南米パラグアイVS無敵艦隊スペイン
欧州3カ国、南米4カ国、アフリカ1カ国となりアジアが居ないのが残念ですがバランスのとれた結果です、しかしウルグアイ・アルゼンチン・ブラジル・パラグアイが勝ち上がれば、南米選手権になる恐れも残しています、今回輝き薄い欧州勢の頑張りに期待したいですね、出来得る事なら決勝はブラジルVSスペインでお願いします。

追>こんな風な仕打ちを受けない日本代表は幸せですね。まあ今回は称賛に値する結果を残しましたので問題ないですけど・・・
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。