So-net無料ブログ作成

プラレール博 in TOKYO、時代屋プチ歴史ミュージアム [fuzzyな日記]

mj_tokyo.jpg

今日、妻と孫二人と私で、池袋サンシャインのワールドインポートマートで開かれている「プラレール博 inTOKYO」に行ってきました。GW初日で混雑を予想していたが、いやいやトンデモナイのです。TDLのアトラクションを思い出させる長蛇の列(およそ500m位)に驚きです。昨年までは孫が保育園児ゆえ、大概休ませて混雑するところは平日に連れて行ったので、あまり並ぶ経験が無かったし、会社勤めも平日に休んでいたため私の子供達の時も並ぶことは無くビックリです。普通のサラリーマン世帯の親は大変なのですね、いつもこんな辛い思いをしているのですね。やっと中に入れば、会場内は人・人・人です。プラレールのジオラマを観るくらいで、孫達も人の多さにあまり喜んでいる様子は無く、さっさと廻って退出です。「軽井沢おもちゃ王国」のほうが自由にプラレールで遊べ絶対良いですね、その時は孫は大喜びで、かなりの時間遊んでいました。
帰りがけに、サンシャインビル隣のトヨタショールーム「アムラックス」に立ち寄ると、歴史好きにはお馴染みの「時代屋」のプチ歴史ミュージアムが有り、武将ランキング(時代屋のお客様の投票)が掲示されていました、どれどれと観てみると、好きな武将ランキングの男性編・女性編、嫌いな武将ランキング、上司にしたい武将ランキングなどが有り、興味深く観てみました。
男性が好きな武将ランキング>なるほどの、いたってノーマルな順位。前田慶次だけが最近の傾向ですね。
1位)織田信長、2位)武田信玄、3位)伊達政宗、4位)上杉謙信、5位)前田慶次
女性が好きな武将ランキング>女性らしいラインナップ、長宗我部元親を除き「天・地・人」の登場人物です。
1位)伊達政宗、2位)真田幸村、3位)石田三成、4位)長宗我部元親、5位)直江兼続
嫌いな武将ランキング>小早川・明智・松永は主君に背いたり、義に欠けた武将ですね、しかし家康は「天・地・人」の影響ですかね(松形弘樹が厭なタイプの家康を演じたからかな)松永久秀は渋いランクインですね。
1位)徳川家康、2位)小早川秀秋、3位)明智光秀、4位)石田三成、5位)松永久秀
上司にしたい武将ランキング>戦国時代の重鎮が居並ぶ顔触れですね、後は謙信が居れば天下覇権を握れた武将勢ぞろいです、こちらでは家康がトップになる面白い結果です。私なら家康です信長は絶体無いです。
1位)徳川家康、2位)伊達政宗、3位)豊臣秀吉、4位)武田信玄、5位)織田信長
*前にランキングの記事を書きましたが、男性票を集めるのは天下に覇を成せる大物武将、女性票は「義」「哀」を感じさせる武将(関ヶ原西軍贔屓が増加している)の傾向がはっきり出ています。家康と三成は好きも嫌いもランクインは面白いです。大河ドラマの影響も顕著に表れているのも読みとれますね。

最近、店が忙しくなりブログの更新や、訪問して頂いたりコメントを頂いたのに、不義理をしております、ご容赦を願いします。
nice!(26)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

平城京遷都1300年 [fuzzyな日記]


今日24日、平城京1300年を記念する、1300年祭のメーン会場がオープンし、いよいよ奈良は観光の一大イベントが開幕されます。「なんと(南都=710年)綺麗なな平城京」の語呂で年号を覚えた記憶が蘇ります。
*語呂で憶えた年号で、記憶の中では、後は「鳴くよ(794年)ウグイス平安京」「いい国(1192年)作ろう鎌倉幕府(源頼朝)」が頭に残る語呂ですね(多分大半の方が、この3つしか頭にないでしょう)。最近の研究で鎌倉幕府成立が1192年で無く1185年とされているようですが、頭にこびりついた1192年は消せませんね。
関西旅行=京都旅行のイメージが強く、奈良の寺社巡りは意外と行った方が少ないようです、奈良は有名寺社が各所に散らばり廻りにくいのと、寺社以外に人を引き付ける要素が弱い印象ですね、京都は街全体が古都の趣があり、寺社巡りも安易に出来る(範囲が狭い中に多く存在する)南は宇治、北は鞍馬・貴船、西は嵐山・嵯峨野、東は八坂・祇園と方面が絞りやすいですね。
私も奈良観光を計画するに、何処にどの寺社に行ったら良いのか思案し、有名寺社を調べてみました。
奈良と謂えば、一に東大寺(奈良市)、二に法隆寺(斑鳩町)、三は薬師寺(奈良市)、四は唐招提寺(奈良市)、五は春日大社(奈良市)ですかね、後は興福寺(奈良市)室生寺(宇陀市)飛鳥寺(明日香村)が頭に浮かんできます。
map.gif

東大寺>奈良の大仏様が君臨する奈良一番の人気スポットですね、正倉院・法華堂・二月堂など見所も多く、大仏の鼻の大きさの穴(柱の穴)潜りは老若男女問わずやってみたくなります。拝観料500円
法隆寺>聖徳太子ゆかりの寺、平城京より歴史は古く、西院伽藍は世界最古の木造建造物です。奈良市内から離れた斑鳩の里にあり、夢殿も観てみたいです。拝観料1000円は良い値段です。
薬師寺>東塔と西塔を有する伽藍が見事で、薬師三尊像がとても良いです。拝観料800円
唐招提寺>鑑真が建立し井上靖氏の「天平の甍」で知られる寺院で昨年平成の大修理を終え金堂の拝観が再開されました。拝観料600円
春日大社>隆盛を誇った藤原氏の氏神を祀り、華やかさに溢れた社。参拝初穂料500円
興福寺>藤原氏の氏寺で歴史上でも権力を誇った寺院で阿修羅像が人気有る。国宝館拝観料600円
室生寺>女人高野山として女性の参拝が許された寺院。美しい五重塔が良い。入山料600円
飛鳥寺>日本最古の本格寺院、飛鳥大仏が人気。拝観料300円
規模の大きい東大寺・法隆寺に時間を割かれるであろう奈良寺社巡り、計画だって廻りたいですね。
今年はメインの平城京イベント会場を始め観光客も多いでしょうが、何といっても修学旅行も多いので、奈良情緒を臨むのは、かなり難しいと思えますが、今年こそ奈良平城京です。
タグ:遷都 平城京
nice!(46)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

スポーツ大好きLXXXXVII>スポーツetc [fuzzyな日記]


南アフリカで開催される第19回FIFAワールドカップの使用球が発表されました。このボールで6月11日から各国代表が国の名誉を掛け戦います、今から本当に楽しみです。私のお店でも可能な限りTVで流しお客様に楽しんで頂きたいですし、私も楽しみたいと思います。日本代表にはベスト4の目標もありますが、過度の期待をしません、良い試合を見せてください。(決勝トーナメントに進んだら?良いななんて考えていますけどね)

NBAのプレーオフがスタートしました。今のところ順当に強豪チームが勝ち星を重ねています(TV放映が少ないのが残念ですね)、ファイナルに向け試合放映が増えていきます、直近ではスポーツ界最高のイベントですから注目です。NHK-BS1が遅い時間帯で放映していますが、スポーツチャンネルでもやっていますよ、興味のない方も一度観れば虜になります(店で流していると飽きずに観ている方が一番多いのがNBAなのです)
イースト>
1位キャブス(2-0)8位ブルズ、2位マジック(1-0)7位ボブキャッツ、3位ホークス(2-0)バックス、4位セルティックス(2-0)5位ヒート、上位4チームの勝ち上がりは堅いでしょう。ファイナルにはキャブスかマジックでしょう、力は均衡しています、どちらか分からない状況ですね(レブロン&シャックのキャブスは強さはNO1だと思いますがプレイオフに今までは弱いのが気になります)。セルティックスもビック3の状態次第でカンファレンスを制する可能性はあります(セルティックのファンなので期待したいのです)
ウェスト>
1位レーカース(2-0)8位サンダー、2位マブス(1-0)7位スパーズ、3位サンズ(1-1)6位トレイルブレーザーズ、4位ナゲッツ(1-1)5位ジャズ、昨年のチャンピオンチーム:レーカースの力が抜けているでしょう、ファイナル進出はまず堅いですね(名将フィル・ジャクソンが率い、コービー&ガソルを中心にしたトライアングルオフェンスは最強です)
今シーズンの得点王をサンダーのケビン・デュラントが獲得しました、新顔で3シーズン目の新鋭です、レブロン・コービーを抑えての得点王はビックリです、新たなスパースター候補ですね、しかしゲームではレーカースには勝てませんけどね。リバウンド・ブロックショットは守備最高選手のマジック:ドワイト・ハワード、アシストはサンズ:スティーブ・ナッシュと順当な顔触れですね、MVPは後日発表です。

コンドルは飛んでいく>El Condor Pasa [fuzzyな日記]

朝日新聞の、うた(Song)の旅人のコーナーに「コンドルは飛んでいく」が記されていました。この曲はアンデス地区の代表的なフォルクローレ(民族音楽)で私の最も好きなフォルクローレです。この曲との出逢いは、サイモン&ガーファンクルでした、まだフォルクローレ自体を知らない私はこの曲からアンデスの音楽に惹かれていきます。
ケーナやサンポーニャの音色が奏でる旋律は非常に優しく心地よく私の耳に響き、なぜか懐かしさをも感じさせてくれます。世界に約4500もの歌詞が有る、この曲は古くからの民族音楽と思いきや、1912年にペルー人のダニエル・アロミア・ロブレスにより作られた比較的新しいことに驚かされました、そしてこの曲には元々歌詞が無いのは今回初めて知るのでした。
サイモン&ガーファンクルは私の青春期の素晴らしいデュオで、世界中を美しいハーモニーで魅了した二人。
映画「卒業」で彼らの曲が映画を盛り上げ、映画のヒットに併せまた彼らも脚光を浴び、その後数々のヒット曲で私達の心に残り続け、今でもCDから流れてくる曲は、青春期に立ち戻らせてくれます。
413P+0ZswgL__s&g.jpg

彼らを堪能するなら、お奨めのベストアルバムです。映画「卒業」で使われた、「TheSoundOfSilence」「ScaboroughFair」他、名曲「BridgeOverTroubledWater」など網羅されたアルバムです。

同じこの曲を聞き比べるのも味わいが異なり、どちらも素晴らしく良いです。

映画「卒業」、沢山の人が青春期に観た思い出があると思います、教会での花嫁略奪の略奪シーンは今でも忘れないですね、「エレン」「ベン」と叫び合う、ダスティ・ホフマンとキャサリン・ロスはこの映画で一躍スターダムにのし上がりました。懐かしいもシーンを・・・・・

nice!(37)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

スポーツ大好きLXXXXVI>松井秀喜NY凱旋ほか [スポーツ]


LAエンジェルス:松井秀喜選手が、古巣NYヤンキース戦でヤンキーススタジアムに凱旋し、試合前の昨年Wシリーズチャンピオンに輝いた、ご褒美のチャンピオンリングを手にしました、これが欲しくてNYに行ったのです、セレモニーでは、スタジアムに集まったファンやヤンキースナインに暖かく迎えられるシーンには、胸が熱くなりました、松井へのスタンディングオベーションや松井に真っ先に駆け寄ったジーター(本当に好い奴です)ヤンキース松井はNYに愛されていたのです。ヤンキースをチャンピオンに導いた松井秀喜の活躍(MVP)はヤンキースそしてニューヨークの誇りでありヒーローなのでした、MVPを取れて本当に良かったと実感させられましたね。
*私の本音はやはりヤンキースに残留して欲しかったです、また放送を観て再度契約が上手く行っていればと悔やまれます。
さて、LAエンジェルスに移籍した松井は、開幕戦でHRを放つなど新天地でも十分に存在感をみせ活躍をしています、本調子までには至っていない(打ち損じが多い)と感じますが、それでも既に2HRを打ち、今季の活躍が大いに期待でき、本当に楽しみなのです。しかし、ここ数試合はやや調子落ちの感が有ります、無理に引っ張りに行くケースが目立ち、外角のボール(かなり多い)に踏み込みが出来ていないので当てるだけのバッティングになっていますね、センターから右方向に踏み込んで打てなければ復調に時間がかかりそうです。

日本プロ野球にも目を向けると、パ・リーグはロッテの調子良さが目立ち14勝5敗で勝率7割を超えるスタートダッシュを決めました、チーム打率・防御率もリーグトップで今は本当に強い状態です、昨年の覇者日本ハムが苦しんでいます、5勝13敗と最下位に低迷しています、元々繋ぐ打線が繋がりません、3割バッターが田中だけではキツイですし、救援投手陣がしっかりするまではチームの浮上は無い状態です。楽天も同様に救援陣が問題ですね。
セ・リーグは実力通り巨人と中日が上位に居ますが、圧倒的な強さは見せていません、巨人は打線は好調で得点力はダントツですが救援投手陣が崩壊しています、クルーンの離脱が痛いのと、やはり不安的中の山口の使い方が問題です、先発に使う愚を犯したツケがきました、巨人の強さはクルーン・山口・越智の3枚で負け試合もひっくり返す巨人なのです、対阪神戦はその逆パターンになっていますから、修復まで時間が掛かりますね。下位には横浜と広島が定位置のように居ます、打てない抑えられない状態で浮上は厳しいでしょう。


今年のマスターズは、フィル・ミケルソンが3度目優勝を病を抱える妻に捧げました、注目のタイガーは4位さすがですね、あれだけのスキャンダルでもしっかり上位に食い込んできます、でも優勝されるようでは問題ですね。遼君は残念ながら予選落ち(まだまだ世界と戦うには時間が掛かるかな)
NBAから、プレイオフ最後のイスをシカゴ・ブルズが掴み、両カンファレンスとも8チームが出揃いました。また改めて戦力分析と予想をします、楽しみですね。
nice!(32)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

スポーツ大好きLXXXXV>赤ゴジラ松井秀喜,移籍開幕戦 [スポーツ]

日本野球界に訃報です。先日倒れた巨人軍コーチの木村拓也氏が、ご逝去されました。謹んでご冥福をお祈りいたします。昨年まで巨人軍でいぶし銀の活躍をし、今季からコーチとして巨人軍の勝利の為、活躍が期待されていましたが、広島戦の試合前の練習中突如倒れ我々に衝撃を与えました。まだ37歳と若く本当に残念な出来事です
 
エンジェルスに移籍した松井秀喜選手が、開幕戦でホームランを放ち、地元ファンの期待に応える活躍をし自軍を勝利に導きました。素晴らしく快調な今シーズンをスタートさせましたね、彼はデビュー戦に抜群に強く、ヤンキースでも記憶に残るホームランを放っています。4打数2安打2打点1HR、決勝打となるタイムリーとどうしても欲しい追加点を松井のバットが叩き出したのは嬉しい限りですね、本当にやってくれる男です。
エンジェルス新4番(DH)として、どんな形でも打点を挙げる松井の評価は高く、開幕戦の松井の活躍に、ファンならずとも球団関係者はホッとしているでしょう、後は爆弾を抱えた彼の膝が心配ですが、シーズン通じて彼の活躍を十分に期待を抱かせます。*残念ながら昨日の試合はノーヒットでチームも敗戦です。
松井を放出したヤンキースは対レッドソックス戦を黒星スタート(岡島が勝利投手)、接戦を落したのです。何と無く「ザマ観ろ」と言いたい気分になりますね、ヤンキース球団関係者も松井の今季デビュー戦をほろ苦い思いで見たでしょう。

今シーズンNYメッツに入団した高橋(尚)投手は残念ながら黒星スタートのメジャーデビューとなりました。

サッカー日本代表は、キリンチャレンジカップ:セルビア戦で0-3の完敗。セルビアはW杯本戦にも出場し、またランクも日本より上位の17位の強豪ですが、若手中心の編成でレギュラーが一人も居ないメンバーです。。対する日本は海外組の合流が無く国内組で試合に臨み、W杯出場メンバーを決定前の最後の試合ですから、代表入りを狙う国内組選手は、自分をアピールする最後のチャンスなのですが守備陣が崩壊、また攻撃陣も点が取れずの良い所無い試合でした。主力メンバーが居なかったのは言い訳に過ぎないですね、負傷や出場停止の場面は本戦でも有りうるのです、今までの強化試合などで既に試されていれば、今回のような連係ミスが起きなかったでしょう。守備陣に不安を残すのは問題です、点を獲れなくても負けませんが、点を獲られれば決定力の無い日本は勝ち点を獲れません。代表メンバー決定後の強化試合は、是非さらに色々なケースを想定し取り組んで頂きたいです。*石川選手は代表入りで良いのではと感じます、スピード有る選手はやはり必要ですね、興梠選手も捨てがたいですね。

信州諏訪:天下の奇祭「御柱祭」 [fuzzyな日記]

main_title.jpg

今年は、長野県諏訪地方の奇祭「御柱祭」(正式名称は式年造営御柱大祭)が行われる年です。7年に1度(数えで7年)諏訪が燃えます。この祭りは日本三大奇祭の一つとされるほど有名なのです。
*日本三大奇祭は、「御柱祭」に秋田男鹿市「なまはげ」山梨富士吉田市「吉田火祭り」と謂れますが、奥州市黒石寺の「蘇民祭り」岡山市西大寺「裸まつり」とする説もあります。
御柱祭と私の繋がりは、母が諏訪地方出身で私もまだ小学生でしたが、1度だけ最終日フィナーレを飾る「建御柱」観ることがありました、頭の中には里曳きの際の木遣・進軍ラッパが蘇るほど印象深いです。御柱は生活習慣の中にも獲りこまれ、従妹の結婚式でも余興として友人達が木遣の唄われる中、ミニ御柱を曳きまわしお祝いをしいていたシーンがありました。(実に興味深い余興でしたね)
祭りは長さ17m直敬1m重さ10tの巨木を山から切り出し、「メデとこ」と謂われる角のような柱をV字に付けた柱(上社の柱)を豪気な山出し、そして木落しは30度の坂を御柱が落とされ毎回負傷者や死者まで出ることもある勇壮かつ危険な山出しのハイライトです。その後木落しと並ぶ危険な川越えを経て、里曳きされ諏訪大社に建立されます。(建立される大社は上社・下社を始め各所に在り、諏訪全体が1年中御柱に染まります)
祭りの起源は古く平安時代以前とされています、また諏訪地方は神話の世界からの古い土地であり「日本書紀」にも記載されている歴史的な地域なのです。また諏訪大社は多くの武将が軍神として崇めています、古くは坂上田村麻呂を始め源頼朝・武田信玄・徳川家康などが崇敬しています。
もう1回は観に行きたい「御柱祭」、見逃すとまた丸6年後にしか訪れません、本当に生きている内に行かなきゃと思います。もし、行こうかなと思う方は、「御柱祭」公式HPを見れば、詳細・スケジュールやプロモーション画像などが出ています。
http://www.onbashira.jp/
今回の記事は、私が読ませて頂いているブログ、官兵衛さんの記事がヒントで、忘れていた思いで「御柱祭」が頭に浮かび書いてみました。官兵衛さんありがとうございます。
nice!(39)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

スポーツ大好きLXXXXIV>春の選抜、興南 優勝 [スポーツ]


第82回春の選抜高校野球大会で、沖縄県勢3度目の紫紺の優勝旗を興南が手にしました。沖縄が選抜出場してから節目の50年を優勝で飾るなんて、一つのドラマですね。
沖縄県勢は、春は決勝に駒を進めると総て優勝(沖縄尚学が2度優勝しています)と春は絶対の自信を持っていますね(冬でも暖かい沖縄ですから優位なのですね)、次の目標は沖縄県勢がまだ優勝の無い夏の甲子園制覇です。
試合は、私の出身東京代表の日大三高と毎年2回は行くほどの沖縄贔屓の私が応援する興南との組み合わせ(かなり複雑な心境なのです)序盤興南のエース島袋投手の制球が定まらず、ミスも重なり日大三高に3点のリードを許す展開で、興南は決勝戦の緊張からか、ややマズイかなと感じさせましたが、そこは「なんくるないさ」、準決勝で大垣日大を集中攻撃で打ち崩した打線が1点返し2点差とした6回に爆発し一挙4点を挙げ逆転、すると猛打の三高もその裏に2点を返し同点としました。その後は両校とも塁にランナーを出すものも、興南:島袋、三高:山崎の両投手が踏ん張り同点のまま延長戦に突入しました。そして延長12回に興南が相手の失策や四球で2点を挙げさらに連打で計5点をもぎ取り、熱戦に終止符を打ちました。緊迫した試合で5失策すれば、普通は負け試合でしょうが、それを跳ね返す興南ナインには底力を感じさせられました、また失策が勝負を決めるものでなく、逆に延長で失策を犯した三高は残念なものになりました。体は大きくない島袋投手のダイナミックな投球・春の選抜タイ記録の13安打を放った我如古選手、全試合10安打以上を放った興南ナイン、初戦から安定した試合で立派に優勝旗を手にしました、「おめでとう」
敗れた日大三高もエース山崎投手は自身も我如古選手と並び甲子園タイの13安打を放つなど強打の三高を十分に見せつけてくれました。秋の東京大会はベスト4止まりでしたが、よく選考され出場できたなと思いましたが、成るほどの好チームでした。
両校とも夏の甲子園に必ずしも帰ってくるとは限りませんが、地方大会を勝ち上がり、是非再び雄姿を見せてもらいです。
*今大会は左投手・左打者の多さが、強烈に印象に残りましたね、先発投手は左腕が右腕を上回り、打者も右投げ左打ちが増え、前橋工に至っては全員左打ちなのでした。イチローや松井の影響も大きいのでしょう。
nice!(37)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

朝霞自衛隊広報センター&スポーツネタ [fuzzyな日記]

昨日は、爺&婆+孫二人で朝霞陸上自衛隊の広報センターに出掛けてみました。我が家最寄りの西武線狭山市駅から西武新宿線:本川越駅、バスにて東武東上線:川越駅そして目的地最寄りの和光市駅、徒歩にて朝霞自衛隊駐屯地までの行程。和光市駅からは徒歩で15分強の距離にあり行きは良い良い帰りはしんどい位ですね。
途中の車窓からはやや早い?お花見風景も観られるなど、お天気が良く薄着でも十分な気温に恵まれました。東武東上線上り新木場行きに西武線の車両が走っていました、目ざとく孫が見つけ良く観ると確かに西武電車です、地下鉄に乗り入れている車両が東上線にまで行っているのですね不思議な気分です(西武と東武はライバルだ、なんて時代ではないのですね、汚い話ですが昔は東武のイモ・西武のウンコとけなし合ったのです)
まずは、自衛隊朝霞駐屯地の前にある、マクドナルドで腹こしらえし、テキサスバーガーの昼食、子供達は「ぜんまい侍」のお団子剣付きのハッピーセット、見回すとほとんどの子供がお団子剣を持っていました(人気?なのですね)目的地の広報センター到着。入場は無料(有料化の話も出ていますが昨日は無料でした)ちなみに駐車場も無料です。中に入り、お目当ての展示コーナーへ入ります。展示されていたものは、本物の迫力です。
p_001.jpgp_002.jpg
90式戦車>全長10M全幅7.5Mの雄大な姿、重量50tの重さにも関わらず時速70Kmのスピードで駆けます
44口径の砲門も凄さを感じさせてくれます。ちなみに1両の価格は8億円
AH-1S>通称「コブラ」の対戦車ヘリコプター、前後2人乗りで見た目は細いが攻撃力は相当なポテンシャルを誇る攻撃用ヘリコプターです、速度は230Km(思ったほど早くない?かな)価格は1機30億円(ビックリです)
その他に、AH-1Sのフライトシュミレーター>実際に乗った気分を味わえます(面白いので孫大喜び)
p_003.jpg
3Dシアター、などなど。迷彩服も貸し出され子供達は着用しています。野外展示にも戦車・装甲車にヘリコプターなども展示されています。帰りは当然の如く、お土産コーナーがあります(自衛隊グッズやお菓子などなど自衛隊ならではのお土産があります、子供も大人も売店に入り込んでいました)
食堂の施設は有りません、飲料とアイスクリームの自販機とスナックフードの自販機は設置されていますが、食事は持ちこみが出来そうです(飲食は野外テラスしかだめなようですから、天気の良い日しか無理かな?)
なかなか、面白い施設でした、これならお奨めできるかなと思います。

スポーツネタを少々。
甲子園春の選抜もいよいよ決勝戦を迎えます。東京:日大三高と沖縄:興南の楽しみな対戦です。
日大三高は記録的な1インニング9人連続ヒットで10得点をあげ、広島:広陵を破り71年以来の優勝を狙います
興南は投打に秋の神宮大会覇者の岐阜:大垣日大を圧倒し初の決勝進出です。そして沖縄県勢3度目の優勝を狙います。(負けた大垣日大ナインが試合中から終了まで笑顔が絶えませんでした、爽やかなチームでした)
さて明日の決勝戦を占うと、どちらも攻撃陣が好調でコンパクトに好球必打を心がけた良いバッティングが目立ちます、投手力は興南が絶対的エース島袋の存在で力がやや上と感じますね。決勝戦は投打にバランスがとれた、興南が指笛の応援に押され紫紺の優勝旗を手にすると私は思います、とにかく甘いストレートをセンター方向に打ち返す素晴らしいバッティングが光ります、日大三高は先取点を挙げ自分のペースで闘うことが必要ですね。
今回の大会、私の予想は自画自賛できるほど当っています。波乱は一二三投手擁する東海大相模が初戦に福岡:自由ヶ岡の負けた以外は推奨チームがベスト4を占めました(嬉しいのです)応援する東京勢と沖縄勢決戦。
最後に勝利の女神はどちらに微笑むのか?素晴らしい決勝戦になることを期待します。
欧州チャンピオンズリーグは、本田所属のCSKAモスクワはアウェーで強豪インテルに0-1で敗戦も、地元での巻き返しに期待がかかります。初戦の本田は今一でしたが、存在感はチームでも目立ち次戦は活躍期待です。
バイエルンM(H)がマンU(A)に2-1で勝利、マンUルーニーが靱帯損傷で次戦絶望によりマンUピンチですがアウェーゴールを活かし地元で挽回出来るか注目です。(ルーニーが居ないのは如何にも不利ですね)
リヨン(H)がボルドー(A)に3-1で勝利、地力の差ですね。
アーセナル(H)がバルサ(A)と2-2の引き分け、アーセナルはバルサ2点リードから追いつくも、主将セスクとギャラス負傷で次戦は厳しい戦いとなりますし、アウェーゴール2も重いですね。
勝ち上がり予想は、バイエルンM・リヨン・インテル・バルサかな?今後も楽しみなチャンピオンズリーグです。
nice!(39)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。