So-net無料ブログ作成

「豪姫夢幻」から頭に浮かんだ [fuzzyな日記]

今読んでいる中村彰彦氏の「豪姫夢幻」豊臣五大老の一人、宇喜多秀家の正室:豪姫が主人公の小説です、豪姫は前田利家の四女として産まれ、子のない秀吉おねの養女となり寵愛をうけた姫で、秀吉の養子となった秀家に嫁ぎ数奇な運命に翻弄された女性です、先月NHK歴史ヒストリアでも取り上げていました。豪姫は細川ガラシャ(明智光秀の娘珠で細川忠興正室で、関ヶ原開戦前に人質になる事を拒み、自刃出来ないため家老の小笠原秀清に自分を討たせた話が有名ですね、その時の辞世の句も有名です「ちちぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」)と並びキリシタンなのです、秀吉による「伴天連追放令」によりキリシタン大名は改易・改宗を強要されましたが、奥方がキリシタンなのは問題なかったのでしょうか?表向きは改宗していたかも知れませんが、改宗してはいないようです。さてキリシタン大名はどんな顔触れののでしょう。有名な大名は(洗礼名)、黒田如水(シメオン)長政(ダミアン)小西行長(アウグスティノ)有馬晴信(プロタビオ)蒲生氏郷(レオン)そして高山右近(ジェスト)の名が上がりますね。死を賜る時までキリシタンであった者、棄教改宗をした者と様々ですが、黒田長政は棄教しキリシタン迫害者になり、有馬晴信は切腹を命じられるも教徒であるため切腹が出来ず刑死、高山右近はマニラ追放など様々な人生を歩みます。他にもキリシタンに纏わる悲しい話は尽きません。
00000001_01.jpg
キリシタン迫害で思い出されるのは、秀吉による「二十六聖人殉教」がありましたね、実は長崎にある「二十六聖人殉教の碑」を訪ねた際に、霊などに疎い私がその場に居ることが出来なくなったのです、確かにどんより曇った天気の影響もあったのですが、空気が非常に重く感じられ「ここは俺はダメだ」と早々に立ち去ったことを思い出しました。また、遠藤周作氏の「沈黙」1971年に映画化された小説で、江戸時代初期の辛く惨いキリシタン迫害を描いた作品だったことも頭によぎりました。
中村彰彦氏の著書は私も好きで「闘将伝 立見鑑三郎」を紹介したことがあります、他にお奨めは「鬼官兵衛烈風録」「「遊撃隊始末記」「名君の碑 保科正之の碑」「桶狭間の勇士」を始め多くの著書が有ります、是非本屋さんや図書館で探してください、幕末物や会津に纏わる小説では最も面白い作品を書いている作家であると私は思います。
04190613.jpg112315.jpg
nice!(30)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 30

コメント 4

toshi

二十六聖人殉教の碑、一度行ってみたいと思っています。
どうも神社仏閣ばかりにこだわりすぎて
こういう場所には行っていないのです。
by toshi (2010-05-08 18:46) 

fuzzy

長崎は独特な文化の有る面白い街で、しっとりとした雰囲気が良いですね、今年は龍馬人気で多くの観光客が訪れていますので、ブームに乗った観光地は落ち着いて観て廻る事が出来ません、往くなら来年以降が良いと思います。
by fuzzy (2010-05-08 19:19) 

ノリパ

佐世保のハウステンボスから長崎まで、かつてドライブした時。
沈黙の舞台の外海地区を通り暗くなりながらも、カーブを曲がったら湾が
開けて、ドロ神父が造った教会のマリア像が見えてきた記憶があります。
遠いですけど、また見に行きたいです。イロイロと思い出しました。
by ノリパ (2010-05-08 21:52) 

fuzzy

ノリパさん、西海橋から長崎まで良いドライブコースでしょう。沈黙の舞台はその辺りだったのですね、沈黙は暗く難しい映画でしたが非常に印象深い作品でした。
by fuzzy (2010-05-09 17:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。