So-net無料ブログ作成
検索選択

スポーツ大好きLXXXVII>フィギュア頂上決戦 [スポーツ]

va.jpg
日本中が注目し期待する、バンクーバー五輪フィギュアの女王が明日のフリー演技で決まります(本当にワクワクしますね)
SP首位のキム・ヨナか、2位の浅田真央が逆転するか、3位地元J・ロシェットも虎視眈々と狙っているでしょう。
首位キム・ヨナは浅田真央にSPで4.72の差をつけています、この差は演技の完成度・出来栄え点(GOE)の差が大きいのですが、そもそも真央ちゃんのトリプルアクセル+2回転の基礎点は9.5、対するキム・ヨナの3回転+3回転は基礎点10.0、リスクが多く難度の高いと思われる真央ちゃんのジャンプの方が低いのです、何度の低いキム・ヨナはさらに完成度を高め、前記の出来栄え点も稼ぎ、二人の差に大きく影響をしているのです。
*技と点の関係は何とも言えませんし、分かっている事なので問題には出来ませんね。
さて、フリーの基礎点をみると真央ちゃんは64.60、キム・ヨナは61.50、その差は3.10で1.62足りず逆転はできません、やはり出来栄え点を稼げるかがポイントです。*出来栄え点はプラスマイナス3点の範囲です。
いかに真央ちゃんは2回のトリプルアクセルを完璧に飛び加点されるかが勝負なのです、なんとしても成功させてほしいですね。SPで五輪史上初となるトリプルアクセル成功に続きフリーで2回成功の快挙なら加点を期待できます、滑走順はキム・ヨナが今度は先ですから、演技を見てからの真央ちゃんが平常心で楽しんで自分の演技が出来るかですね。尚、或るスポーツ紙によると先に演技した人の方が点が付きにくい傾向が有るとか?実際は分からないですね。今まで書いたことは、あくまでも転倒や回転不足が無かった場合の話です、3回転ジャンプ1回のミスで簡単に点数が下がりますので、二人の戦いばかりに気を取られると、後に滑る3位ロシェットも地元の声援も有り金メダルは十分に射程範囲ですね。4位に付けた安藤美姫は、やや差が有るので頑張って銅メダルを狙えるポジションですね。
日本選手の最後の金メダルチャンス、浅田真央ちゃんには悔いの無い演技を期待します。
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。